レポート【絵本*書道】withこどもとなコラボイベント

j4d_bvtk

【絵本*書道】withこどもとなコラボイベント

=どんなイベントだったか?=

○絵本読み聞かせの感想シェアでは、大人と子どもの感想が飛び交い新たな発見がある。

○書道では子どもの感性に大人は”ハッ”させられる

=企画者=

今回、5月のこどもとな学園に参加して下さったお母さんで

「子どもが文字を書くことに不安があった」

しかし、そのこどもとな学園に選択授業として書道があり

お子さんが字に興味を持ってくれた

それをキッカケに

「こどもとなのルールで書道のひーちゃん先生を呼びたい」

ご自身の地域での開催に至りました。

企画者:そのお母さんが開催する目的は

・小さな頃からブレインストーミングの習慣をつけること

・自尊他尊のコミュニケーションを身に付けること

・字を書く事が少なくなってきた今、字を書く事に興味を持って欲しい!!

 

=実際、イベントはどうだったのか?=

アイスブレイク

絵本の読み聞かせ「トマトさん」

dsc04098

みんなで感想をシェアする

「流されたあとどうなったの?食べられたの?種になったの?くさったの?と思った」

「虫に食べられそう!おいしくないから」

dsc04101

「トマトさんに足が生えればいいんだ」

14241431_10210245226065735_5149200878574778883_o

様々な意見、トマトさんの今後の動向が機になる様子(笑

=おいしい書道のひーちゃん先生=

まずは

トマトを食べて

dsc04105

どのトマトの字か考える

dsc04106

そのあとに筆慣らしをして

チームで1人1人が顔のパーツを書き

「喜んだ顔」

「怒った顔」

dsc04112

 

子どもは感性をそのまま文字に落とせるから書くスピードが早い。

大人は経験が高く、書いても何かのマネになってしまうと筆が止まることも。度々。。。

こんな違いも改めて子どもから”ハッ”とさせられる

最後は皆で集合写真

dsc04131

=考察=

今回、気付きとしては

子どもから”本物の直感”というものを学ぶことができた。

どうしても大人は頭で考えてしまう知らず知らずのうちに

“悲しいトマト”ならば、、、

それは何か過去の記憶から頭の中で投影して

それから物事書く、

しかし、子どもは感じたことを”そのまま書く”ということ。

お題が”ドン”や”ふわふわ”等、お題が出されているのだけれども

一見、どんなお題でも同じように荒々しく書いているが

感情の表現ができているのである

14188109_10210245246586248_6367701256581614285_o14231414_10210245241626124_984833643457434537_o14242379_10210245246946257_6022848383481268336_o

この”そのまま書く”というは、私も含めて大人になっていくと

何か真似ごとだったり、人に準じてることが多い。

そうではない「自分そのもの」を表すことが書道により引き出せたのかと思う。

その結果、

“頭で考えて書く大人は子どもの横で書けない”

普段でも何か行動を起こすときにインターネットや過去の情報を分析することが多く

それは誰かが考えたものでオリジナルではないかもしれない。

大人であっても

「その人そのものを表す人生でありたい」

次回イベント:2016年10月30日(日曜日)

こどもとな登山 “大山(丹沢)”〜紅葉最高!さあ、行こう!〜

 

=====information======

《先生》日置恵
筆文字を得意としたデザインや、書道を軸にしたワークショップや書道パフォーマンスを各所で展開“おいしそうな文字を書いて、おいそうなデザイン”をテーマに僕たちの日常に”おいしい”を届けてくれている!!HP:http://urahara-hioki.sblo.jp/
《過去実績》
2009年〜ウラハラ藝大「おいしい書道」教授
2013年〜自由大学「筆文字の衝動」教授
2005年から毎年個展を開催しており、2009年にはニューヨークで個展を開催。
その他、国内外問わず活動の場を広げている。
おいしいもの好き。
おもしろいこと好き。

日置先生も今回のイベントをブログでまとめてくれています

==============================
こどもとな
<理念>
「大人・子どもが楽しい・ワクワク・好奇心を共有してもらうこと」をミッションとしています。
そのため、こどもとな独自のルールを設けて、イベントを一貫して企画しております。
<実績>
・2014年,2015年,2016年〜過去3回 1泊2日こどもとな学園を開催(参加者:30名程度)
・小規模イベント数回
スポーツ鬼ごっこ/チャンバラ-ikusa-/こどもとな金時山登山〜紅葉最高!さあ行こう〜/おさかなワークショップwithこどもとな/Withこどもとな-丘の音楽会-/こどもとなでBBQ合戦-肉肉♪肉肉♪誰が焼く?/絵本×書道withこどもとな
・ブース出展 Happy Day Tokyo(日比谷公園)過去2回
・自治体  昭島自治体ハロウィンイベント
HP:http://kodomotona.com/
問い合わせ:info@kodomotona.com

=======================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です